PAGE TOP

こまき歯科医院

06-6397-8070

こまき歯科医院アニメロゴ

大阪市淀川区西三国3-18-1
三国ホープハウス101号


むし歯、歯周病の進行と治療につきまして。

初期のむし歯には痛み等の自覚症状はほとんどありませんが、痛みが出始めたむし歯はかなり進行しております。
むし歯は早期発見、早期治療をお勧めいたします。

むし歯

むし歯痛い
むし歯とは、歯垢や歯石の中に潜んでいるむし歯菌が口腔内で糖分を栄養にして酸を作り出し、歯を溶かす事で起こります。
初期のむし歯には痛み等の自覚症状はほとんどなく徐々に進行していきます。

痛みが出始めたむし歯はかなり進行しており、 早めの治療をお勧めいたします。


むし歯の進行

初期むし歯
C0:初期のむし歯

歯の表面が少し溶けた状態で痛みなどはありません。定期検診などで早期発見出来ます。
治療はフッ素塗布などで歯の再石灰化を促します。

悪化
エナメル質むし歯
C1:エナメル質のむし歯

歯の表面のエナメル質が溶かされ、患部が黒くなってきます。
自覚症状はほぼありません。
治療はむし歯部分を取り除き、詰め物をします。

悪化
象牙質むし歯
C2:象牙質のむし歯

むし歯菌が歯の内側の象牙質まで到達している状態です。
歯がしみる状態になります。
治療はむし歯部分を取り除き、詰め物か被せ物をします。

悪化
神経むし歯
C3:神経に到達したむし歯

むし歯菌が歯の神経まで到達した状態で、激しい痛みを感じるようになります。
根管治療を行い被せ物を取り付け、歯の機能を回復させます。

悪化
末期むし歯
C4:末期のむし歯

歯がほとんど溶けてなくなり、神経も死んでいる状態です。
歯を残す事は難しいので抜歯を行い、人工の歯(インプラントや入れ歯)などで補います。



歯周病の治療

歯周病は歯茎の炎症から始まりますが、進行し悪化すると骨を溶かしてしまいます。
歯茎の炎症は治療可能ですが、溶けてしまった骨を元に戻すことは出来ません。
歯周病の進行
歯茎のみが炎症している場合は、正しいブラッシングや歯に付着した歯垢や歯石の除去により改善出来ますので、早期発見・早期治療が大切になります。

歯周病が骨まで達している場合、早目に治療し進行を止めないと歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病が進行すると完治は困難になりますので歯科医院での定期検診や早期治療をお勧めいたします。


無痛治療

当医院では出来る限り痛みの少ない治療方法を 患者様にご提供出来るよう努めております。

電動麻酔
電動麻酔器

細い注射針を使って、電動でゆっくり麻酔を入れる事で痛みを極力やわらげます。

表面麻酔
表面麻酔

歯茎の表面に塗ることで、
注射を刺す時の痛みをやわらげます。

ヤグレーザー
ヤグレーザー

これを用いれば、浅いむし歯であれば無痛でむし歯を取り除くことが出来ます。



サイトマップ